AI導入事例を振り返って

小売・流通業、製造業、建設業とAIを導入された事例を振り返ってみると、結局各事例とも、各企業がやりたい世界やビジョンがまずあって、その実現に向けて役立つものであれば、それがAIであろうがIoTであろうが、最適な技術・方法を、最適な相手と組み、現場に導入・実装していこう、という源流があったということではないかと思います。

その意味では、もはや、現在は「AIを導入するかどうか?」と考えている段階ではなく、当たり前にAIが各産業で使われ始め、実装され成果を出し始めている、という時期と受け止めざるを得ない、というのが正直な感想です。

日々生まれてくる大量のファク卜・データをもとに、それをAIで学習し、それをもとに業務を改善・変革していく。それも場合によっては、その一企業だけに留まらず、トータル的な改善・改革も必要だということかもしれません。

あわせて読みたい