ウェブサーバーとDNSサーバー

サーバーは、セキュリテイの観点から、役割ごとに機械をわけでおいたほうが好ましいという理由があります。一台が故障しても、全体がダメになるわけではないからです。そのため、サーバーは役割に応じた名前で呼ばれ、使いわけがされるのです。サーバーのうち、みなさんが実際にホームページを作成したり公開したりするときに 重要なのは、「ウェブサーバー」と「DNSサーバー」に関する基本的な知識です。それぞれの役割を簡単にまとめると以下のようになります。【ウェブサーバー】ホームページのデータを保管し、アクセスしてきたブラウザにデータを送り返す。【DNSサーバー】ホームページが置いてあるウェブサーバーのインタネット上での住所(アドレス)を管理する。ブラウザがホームページのデータを要求したとき、該当のウェブサーバーのアドレスを探し出し、ブラウザに伝える。

あわせて読みたい