SSL化ってどうなの?

Googleは、掲載されているサイトがSSL化されているかどうかを検索順位の判断基準に含めると公式に発表しました。以前までは、ログインページやフォーム入力ページなど、個人情報の入力が行われる場所のみをSSL化すれば良いとされてきましたが、現在ではSSL化していないページが1つでもあると、安全ではないサイトと認識されるようになったようです。また、Chromeなどのブラウザーでは、SSL化されていないページに対して「保護されていない通信」と警告を出すようにもなりました。このような警告が出ることは、ユーザーにとって不安ですし、通信の安全性を考えても、できることならSSL化することが望ましいと考えるのが通常でしょう。しかし、SSL化がSEOに与える影響はそこまで大きなものではなく、SSL化したからといって爆発的に順位が改善するというわけではありません。Webサイトで提供している情報の有用性や、それを検索エンジンにきちんと伝えられているのかといった、基礎的な部分のほうがよほど重要であることは間違いありません。

あわせて読みたい