SEOの役目

    

      

自社サイトに訪問してくれる、またはしてもらいたいというような人たちの持つ「目的」を想定することは、サイト作りの上でとても重要なポイントとなるでしょう。

その想定した「目的」に合わせてサイト内コンテンツを構築していくことになるからです。

サイト作りにももちろんですが、ビジネスにおいてもの閲覧者やお客様の目的に答えていくというのが基本理念であると言っても過言ではないでしょう。現代のようにインターネットが普及していく前の時代をみてもそれは同じことが言えるでしょう。

情報を得たいという「目的」を達成させるために、雑誌や新聞などの媒体が活躍していたのではないでしょうか。現在は、気軽に、どこでもいつでもインターネットで検索できる環境が整っているため、反対に紙媒体のものがなかなか売れない時代とも言われているようです。

検索エンジンはその知りたい情報や得たい情報へ導いてくれるものであると言えるでしょう。

きちんと閲覧者の目的を読み取り、それに合わせたコンテンツを準備し、サイトを構築していくことで、検索結果に影響を与える、もしくは上位に表示されるようにサイトを充実させていくことというのが、SEOの役目であると言えるでしょう。

キーワードごとに考えられる目的を見つけていくという考え方でも同じところへ行き着くのではないでしょうか。

ごくたまに、集客を見込んでSEO対策会社に依頼すれば「検索結果の上位表位」というものを買えるかのようにSEOを認識している方もいらっしゃるようですが、閲覧者側の満足度によって変化するものが検索結果と言えるため、いくらお金を摘んだからと言って検索結果で1位を取れるというわけではないということを理解しておくべきではないでしょうか。

     

検索順位への反映

    

大手と呼ばれる世界的な検索エンジンを開発している会社では、検索結果を勝手に操作されてしまわないよう、しっかりと費用をかけて対策をしていると言われています。

そのため、SEO会社があまり良くない方法を使って検索結果を操作しようとした場合、ペナルティを与えるような設定が施されているようです。

このことからもわかるように、いくらSEO対策を依頼したとしても、きちんとルールを守らなければ、また、しっかりとしたサイト作りができていなければあまり意味がないとも言えるのではないでしょうか。

検索エンジンというのは、何よりも「品質」を重要視しているものと認識しておくと良いでしょう。

上記のように、無理やり検索結果を操作しようとする方法は、飲食店でオーダーした食べ物に異物を混入させるようなやり方と言えるでしょう。

これでは「品質」以前の問題であると理解できるのではないでしょうか。

世界的に利用されている検索エンジン「グーグル」では、検索結果の「品質維持」のため、検索アルゴリズムを不定期に更新していると言われています。例えば、ページ内コンテンツが更新されているかどうかという点や、他のサイトからのリンク数など、他にも検索順位を決定するための基準と言えるものが少なくとも200パターンは用意されていると言われています。

この基準は、もちろん公開されていないため、SEO対策を専門とする会社は研究に研究を重ねてアルゴリズムを読解しようとしているのではないでしょうか。

つまり、SEO対策をどれか一つやってみたところで、検索順位というものには少しも影響を与えられないことがほとんどと言えるでしょう。